アプリの使い方がわからない人

前回のios8.2からちょうど1ヶ月で、2015年4月9日にios8.3が配信されました。
今回のアップデートは、

パフォーマンスの向上、バグ修正、およびデザインが一新された絵文字キーボードとのことです。

かなり大型アップデートになっています。

ネット上での報告によると、致命的な不具合は出ていないようです。

ios8.3ios8.3

特徴的な新機能

Hey Siri

  • iPhone充電時に「Hey Siri」と話しかけることでSiriを起動できる。
    「設定」→「一般」→「”Hey Siri”を許可」をオン
  • 絵文字が増えた。

良い点

  • 処理速度が向上
  • 画面回転の反応を修正(横が縦に戻らなくてイライラしてました)
  • ロック画面でスワイプして電話に出れない問題を修正

悪い点

  • 電波が圏外になる(VoLTE対応のiPhone6&Plusのみ)
  • Apple StoreやiTunes Storeで購入する際のTouch IDによる認証ができなくなる
    (「設定」→「Touch IDとパスコード」→「iTunes & App Store」をオフにして、iPhoneを再起動。もう一度「設定」を開いて→「Touch IDとパスコード」→「iTunes & App Store」をオンにすると直るみたいです。)
  • wifiが繋がらなくなる(VoLTE対応のiPhone6&Plusのみ)
  • 少し画面が暗くなる(バッテリー持ちへの対処の可能性あり)
  • ファイルマネージャーでのアクセスが出来なくなった。(パソコンで自由にデータを取り出し来にくくなった。)

まとめ

ios

VoLTE対応のiPhone6&Plusを持って見える方は、ご注意ください。

「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」でアップデートできます。