外出先でノートパソコン、タブレット、ゲーム機などをネットに接続したいとき、活躍するテザリング。

その設定方法をキャリア別にご紹介。

※テザリング機能を利用可能なiPhoneは、「iPhone 5」「iPhone 5s」「iPhone 5c」「iPhone 6」「iPhone 6plus」

テザリングの申込み方法|softbank編

MySoftBnak

月額使用料 500円 

テザリングオプションに加入していない場合は、MySoftBankを開きます。

「メニュー」→「オプションサービスの手続き」→「利用者確認(パスワードの入力)」→【テザリングオプション】

【テザリングオプション】で申込みすることが出来ます。申し込んだら、すぐ利用できるようです。

テザリングの申込み方法|docomo編

月額使用料 無料

申し込みする必要はありません。

テザリングの申込み方法|au編

auお客様サポート

月額使用料 500円

テザリングオプションに加入していない場合は、auお客様サポートを開きます。

「契約の確認・変更」 → 「その他のお手続き」 →「オプションサービスに申し込む」→【テザリングオプション】

【テザリングオプション】で申込みすることが出来ます。申し込んだら、すぐ利用できるようです。

テザリングの使い方

wifi接続

ホーム画面の「設定」→「インターネット共有」→wifiパスワードを設定して、インターネット共有をON→「wifiとbluetoothはオフです」の表示が出たら「wifiとbluetoothをオンにする」を選択。

iPhone ホーム画面iPhone 設定インターネット共有 テザリング設定

パソコン側(windows8)でタスクバーの右下にあるネット接続のアイコンをクリック。

iPhoneのwifiが認識されるのに少し時間がかかるので、待って表示されたらクリック。

先ほどiphone側で設定したwifiパスワードを入力して接続できます。

wifi_iphone

USB接続

パソコンとiPhoneをケーブルで繋ぎます。

wifiの時と同じ手順で、インターネット共有をON→「wifiとbluetoothはオフです」の表示が出たら「USBのみ」を選択。

iPhone wifi接続

iPhoneの上の帯が青くなったら接続成功です。

USB接続でテザリングしたい人は、持ち運びに便利な短いケーブルがオススメです。

USB接続とwifi接続のメリット・デメリット

wifi接続はケーブルがいらないので、お手軽ですが、テザリングをオンにしてから、パソコンで認識されるのに少し時間がかかるのが気になります。(私のパソコンは、なかなか認識してくれません。)

回線速度は、もちろん直接つなぐUSB接続のほうが速いです。頻繁にテザリングを利用する人は、巻き取り式のケーブルや短いケーブルを持っていた方が、イライラしないで済むかもしれません。

テザリングの注意点

テザリングが終了したら、必ずインターネット共有をオフにしておきましょう。気づかずにテザリング接続していて、スマートフォンの接続制限(7GB)などに引っ掛かってネットに繋げなくなってしまうこともあります。

接続制限についての詳しい記事は、コチラ!

また、長時間のテザリングも接続制限に引っ掛かる危険がありますが、わざわざキャリアのサポートセンターを開いて、どれだけ通信量が残っているかチェックするのも面倒です。

この無料アプリが便利で通信量のチェックに使っています。

通信量チェッカー 無料アプリ

残りが何GBか表示してくれます。シンプルな画面で分かりやすいです。(※インストールした時点から記録が始まるので、インストール前の通信量は反映されないです。)